10代から始めるワーホリ生活

高卒で働きながら世界を旅する

【オーストラリア山火事2020最新版】  Bushfireとは?メルボルンの現状と被害状況

f:id:travelwork:20200106231931j:image

今オーストラリアのテレビを見ると山火事、Bushfire の話題で持ちきりになっている

 

日本でもニュースなどで取り上げられているはずだけど今回はメルボルンの今の現状についても書いていこうと思う

 

まずBushfireとは自然発火による山火事のことで、今のオーストラリアではとてつもなく広範囲に広がっている

オーストラリアはとても乾燥している土地が多くて、毎年Bushfire 自体は起きているけど今回は比ではないほど広く被害が出ている

 

 

f:id:travelwork:20200106225302j:image

現在の状況(07/Jan/2020)

見てわかるように地図の右側ではBushfireが起こっている

焼けた範囲はおよそ400万ヘクタール

日本の関東一都六県である324万ヘクタールよりも広い範囲が被害にあっているという現状

 

実際にどこのエリアでBushfireが起きているか確認できるサイト

myfirewatch.landgate.wa.gov.au

 


BrisbaneがあるQueensland州からSydneyがあるNew South Wales(NSW)州の被害が特に大きい

 

シドニーではBushfireによる煙りで視界が悪く、マスクなしでは外に出られないと聞いたこともある

 

 

そして僕がいたBundabergでも毎日消防車が通っていて煙りもすごいと聞いた

 

f:id:travelwork:20200106224451j:image

このような写真を見たことはあるだろうか?

住む場所を失い火傷をし、それを保護する人々

 

今回の山火事で1番の被害を受けているのは動物だろう。コアラ、カンガルー、ウォンバットなどオーストラリアならではの動物が住んでいる森林が焼けていっている

 

このままいくとコアラが絶滅してしまうと言われているほどで、今もなおBushfireによって生息地が失われている

 

そして農家の人も被害にあっている。農園が全て燃え尽き、牛や羊などの家畜にもとてつもない被害が出ているとニュースでやっていた

 

 

さて、被害が激しいNSWの横にあるVictoria(VIC)州の被害はどうだろうか?

f:id:travelwork:20200106230316j:image

このハザードマップによるとまだそんなに被害は出てないように見える。

 

実際に住んでいる住んでいるMelbourneには何のマークも付いていないから何も影響がないって言うわけではない

 

f:id:travelwork:20200106230621j:image

町全体が少し霞んでいるのがわかるだろうか?
f:id:travelwork:20200106230624j:image

煙がメルボルンまで到達している

まだ焦げ臭いとかって言う臭いはないから、現状はマスクなしでも全然生活できる

 

ということで、メルボルンの現状は少し煙りによる霞があるくらいで生活には今のところ支障はないので、今からメルボルンに来る人は安心して欲しい。

ただマスクはあったほうがいいかもしれない

 

 

まだまだこの被害が収まる様子はなく、今もなお山火事は進んでいる

僕たちにできることはほぼないのかもしれない。ただ少しでも力になればと思って募金をしてみるのはどうだろうか?

 

f:id:travelwork:20200108234359j:image

マクドナルドでも今回のBushfireへのドネーションがメニューにあった

 

 

 

オーストラリアの象徴でもあるコアラや他の動物を守るためにも少しづつ協力していくことが大事だと思う。

 

このコアラを支援する団体のサイトから募金をできるのでぜひよろしくお願いします!

https://www.koalahospital.org.au/

 

日本では大きな話題になっているかわからないけど、世界的に見ても大きな災害。少しでも多くの人にこの事実を知ってもらえると幸いです