10代から始めるワーホリ生活

高卒で働きながら世界を旅する

【クレカ盗難!!】 まさかPoliceにお世話になるとは… カードを盗まれたらまず警察へ!

f:id:travelwork:20200114142052j:image

オーストラリアの警察署に行ってきた

人生で初めて海外の警察署に行くっていう経験をしてきた

理由はそう!クレジットカードが盗まれたから!

 

盗まれた経緯は以前書いたのでそちらの記事を先にチェック!

www.travel-work18.com

 

 

パスポートを仕事場に持って行っていなかったから、一度取りに家に帰って家から一番近いpolice station に行くことにした

 

まず向かったのはCBDの真ん中にあるMelbourne East police station 

 

軽く緊張しながらも入ると、ガラス越しに女性の警察官がいたのでなにがあったのか説明すると、クレカを撮られた場所を聞かれたので職場の場所を答える

 

「あーそれならMelbourne Southの管轄だからそっちの方がいいよ」と言われたので職場の方にまた戻ってきた

 

実は盗難届の手続きはどこの警察署でもできるのだけど、今回はなぜか管轄外だからって事で違う警察署に行くことになった

 

この後South Police Stationで他の交番から行ってここに行けって言われたって言ったら、手続きはどこでもできるって警察官は怒ってた(僕にじゃなくて一つ前に行った警察署に)

 

だから管轄外って言われても、手続きはどこの警察でもできるから時間がかかるとか言われても、お願いすることはできるみたい

 

 

とにかく、警察署に着きまたなにが起きたか説明する

 

警察官の人の英語がすごいオーストラリア訛りで聞き取るのが大変だった笑

 

パスポートを提出してしばらく待っていると、使われた金額のスクリーンショットを撮って送ってくれってことなのでメールアドレスを聞いて送る

f:id:travelwork:20200114143603p:image

こんな感じで3件分を送った

 

 

そして事情聴取が始まった

まずは盗られた場所の説明

ロッカールームで入るにはパスワードがいるから従業員以外は入れないとか、防犯カメラはあるのかとか…

 

他にも、財布はどんな状態で置いてあったのか、財布の中にはなにが入ってたか、など事細かに聞かれたのでひとつひとつ答えていく

 

そしてなんで使われたことに気づいたのか?も聞かれたので理由を答える

 

 

この事情聴取的な時間が約1時間30分くらい続いた

正直疲れた…笑

 

事情聴取が終わり、もうそろそろ帰れるのかと思っていたらまた椅子で待機。

 

すると部屋の鍵が開いて、違う警察官がこれで最後にStatementを取ったら終わりとのことだったので部屋に入る

 

Statementがなにか最初はわからなかってけど、時間の総まとめ的な感じで、警察官が起きたことを時系列に沿ってパソコンに打ち込んで行って、たまに質問されそれが合ってるかどうかを自分が確認するって感じだった

 

後日crime report を送るからそれを銀行に持っていけばお金が戻ってくるだとのことだったので本日はこれにて終了!!

 

時計を見ると夜の10時前。約3時間ほどかかった

 

長かった〜!!

 

 

数日後…

仕事に行くとマネージャーからこんな紙をもらった

f:id:travelwork:20200114145109j:image

これがCrime Report 

 

警察官が捜査に来て、これを置いていったとのこと

 

犯人が捕まるのかはわからないけど、とりあえずお金は返ってきそうだしよかった!!

 

 

もうこれから貴重品は絶対に持ち歩くことを心に決めた!

犯人は従業員の中にいるのかもしれないからね笑

 

 

次はお金を返してもらうために銀行に行く!!