10代から始めるワーホリ生活

高卒で働きながら世界を旅する

「衝撃‼」メルボルンの街はまるでアジア!?

f:id:travelwork:20191126131423j:image

今回は中華街の街ブラをしてきた

前に少しだけ書いたけど、メルボルンのチャイナタウンは日本の中華街ととても似ていると思った

でっかい門があって中国っぽい装飾がいっぱいある

メルボルンに来てびっくりしたのが中国人の多さ。 中国は人口が多いだけあってこれまでに訪れたすべての国にチャイナタウンがあったけど、たぶんメルボルンが一番大きいと感じた

 

いやチャイナタウンの面積は日本の横浜中華街のほうが広いかもしれない。ただ、メルボルンではチャイナタウンと呼ばれる場所を中心に中国系のお店や韓国系、もちろん”スシ””とか”ラーメン”といったジャパニーズレストランもたくさんある

 

そのエリアがメルボルンシティの真ん中にある

 

いやここはアジアですか??

 

そう錯覚してしまうほどアジア人は多いし、レストランとかもアジア系が多い

そのアジア人の中でも中国人の割合は圧倒的に多い

聞いた話によると、メルボルンにいるアジア人のうち40%は中国人らしい

 

 



f:id:travelwork:20191126131441j:image

この通りがチャイナタウンと呼ばれる場所

この写真の後ろにも道が続いている

 

f:id:travelwork:20191126131431j:image

ほん通りから横に入った道。ここら辺もチャイニーズレストランが圧倒的に多い

 

 

f:id:travelwork:20191126131438j:image

ビルの中にもお店が並んでる

 

 

ちょうど本通りの真ん中にあるチャイニーズスーパーに寄ってみた

 

普通のスーパーでは売ってない薄切りの豚肉とか冷凍であったり、冷凍餃子とか冷凍食品も結構あった

f:id:travelwork:20191126131428j:image

日本のお茶とかジュースはもちろん、お菓子とかインスタント麺類も充実していた


f:id:travelwork:20191126131419j:image

豆腐とか生麺とかもいろいろあった

 

中国人の多さ、というよりアジア人の多さにびっくりしたけどアジアの料理はおいしいから問題なし笑

ただ、れぞオーストラリアっというものは感じられないかも…